【2024年最新版】自分の配信にリピーターを作るための配信方法やテクニック

ライブ配信とは、撮影した映像をストリーミングサーバーに送信し、視聴者がリアルタイムで映像を見られるようにすることを指します。企業がライブ配信を行う主な目的は、以下の通りです。

■ファンを作る
■ロイヤリティの向上
■ユーザーとの親交を深める

ライブ配信ではコメントを通じて視聴者と直接やり取りできるため、自分自身の魅力を伝えやすく、ファンの増加やロイヤリティの向上を見込めます。

また、近い距離でコミュニケーションを取ることで、ユーザーとの親交を深められるでしょう。新規視聴者を増やすためのポイント

ライブ配信の新規視聴者を増やしたい時は、様々な工夫を加えることが大切です。

新規顧客を増やすためのポイント

■配信内容が一目でわかるようにする
■配信時間をターゲットの属性に合わせる
■配信時間は長めにする
■他のサービスや人とのコラボ配信
■事前にしっかり告知する

それぞれの具体的な内容やコツはあとの項目で詳しく解説していますので、ぜひライブ配信に役立ててください。

配信内容が一目でわかるようにする

ライブ配信を見てもらうには、コンテンツを充実させるのはもちろんのこと、サムネイルを見ただけで興味を持ってもらうことが大切です。

そのためには、文字数やキャッチフレーズを工夫してライブ配信の内容をわかりやすく記載する必要があります。

他には、ライブ配信を行う日時やテーマなど重要な文言に【】をつけて目立たせたり、文字に縁取りをして読みやすいようにしたりするのもポイントです。

配信時間をターゲットの属性に合わせる

獲得したい視聴者層を設定し、それに合わせた時間帯に配信を行うことも重要です。

例えば、サラリーマンを対象としているのに、一般的な企業の勤務時間にライブ配信を行っても視聴者の増加は見込めません。
①通勤時間の7:00〜9:00
②昼休憩が入る12:00〜13:00
③仕事帰りに一息つける20:00〜23:00

といった時間帯を目安にすると良いでしょう。

ターゲットが主婦層であれば家事がひと段落した13:00〜16:00のタイミング、学生であれば授業が終わる夕方以降〜19:00といったように、属性に合わせて配信時間を意識してみてください。

配信時間は長めにする

配信時間を長めに設定すると、新規視聴者に気づいてもらいやすくなります。

逆に、短い配信時間だと新規視聴者が気づく前に終了し、リスナー獲得のチャンスを逃してしまうかもしれません。

配信時間は1回あたり2〜3時間ほどが理想ですが、最初は長時間の配信が難しいと感じることもあります。
慣れていないうちは無理をせず、1時間ほどの配信でも十分です。

自分なりのやり方でライブ配信に慣れていき、少しずつ時間を伸ばしていくと良いでしょう。

他のサービスや人とのコラボ配信

他のライブ配信者とコラボすると相手のリスナーも自動的に配信を見るようになるため、新規視聴者の獲得につながります。

また、自分とは異なるジャンルの配信者と組めば、今までつながりのなかった分野の視聴者が増えるきっかけにもなるはずです。

自分のライブ配信に他の配信者が遊びに来てくれた場合は、お返しとして相手の配信にも出演すると良いでしょう。配信者同士で交流を深めると、困り事を相談できたり、別の配信で自分のチャンネルを紹介してくれたりといったメリットがあるからです。積極的なコラボで工夫を凝らし、面白いライブ配信をめざしてはいかがでしょうか。

事前にしっかり告知する

リスナーやフォロワーが0の状態からスタートする時は、事前にしっかりと告知をすることが重要です。

ひとつのライブ配信サーバーのみで視聴者を集めることは難しいため、SNSを活用してみてください。

SNSで告知をする時は、文字だけでなく画像も載せると配信内容がわかりやすくなり、新規視聴者獲得につながります。

また、他の配信者とコラボする時は相手のライブ配信で告知をしてもらうのもおすすめの方法です。

リピーターとなるファンを増やす工夫

新規視聴者を獲得したら、リピーターとなってもらう工夫も必要です。

リピーターが増えれば、最終的には収益の増加にもつなげられるでしょう。

リピーターとなるファンを増やす工夫
■視聴者との距離を縮める
■SNSなどと連携する
■時間や曜日を決めて定期配信する
■適切な企画・テーマを考える

ライブ配信によってファンを増やすと、安定した売上基盤作りや、ファンの口コミによる新規顧客獲得、広告費の削減といったメリットがあります。

こうしたファンマーケティングならではの利点を活かせるよう、リピーターを増やす工夫を取り入れてみてください。

視聴者との距離を縮める

1人の配信者と多数の視聴者という構図だと一方的な配信になりやすいですが、コメントを拾って一人ひとりと向き合い、視聴者との距離を縮めることを意識してください。

視聴者との距離を縮める配信方法
■コメントは全て読み上げる
■視聴者が参加できるような企画をする
■視聴者さんを名前で呼びかける

視聴者にとって、ライブ配信中に送ったコメントを読んでもらうのはとてもうれしいことです。

例えば、リピーターの人がいた場合は「またコメントを送ってもらえてうれしいです!」「○○さん、また来てくれたんですね」といったように相手を覚えていることを伝えれば喜んでくれるでしょう。

視聴者全員の名前を覚えるほどの意気込みで接することがリピーターの確保につながります。

SNSなどと連携する

InstagramやTwitterをはじめとしたSNSと連携すると、配信外でのやり取りが可能になる他、配信では話さない内容を気軽に発信できたり、視聴者のニーズを聞けたりといったメリットがあります。

SNS上で視聴者と親交を深めれば、ライブ配信にも参加してもらいやすくなるでしょう。

連携の際には、ライブ配信のチャンネル説明欄にはSNSのリンク、SNSの説明欄や投稿にはライブ配信サイトのリンクを記載し、相互的なつながりができるよう工夫するのがポイントです。

SNSを通して「この商品のことをもっと知りたい」「企業の人と話してみたい」と視聴者が思えたら、ライブ配信に参加する可能性が高まります。

時間や曜日を決めて定期配信する

時間や曜日を決めて定期配信すると「毎週○曜日は□□の配信を見よう」といったように視聴者が日々の予定に配信を組み込んでくれることが増えます。

逆に、いつ配信するかわからない状態が続くと視聴者は予定が立てづらいため、リピーターを逃す原因になるでしょう。

新規視聴者に配信を見る習慣がついてリピーターとなれば、視聴者数の安定につなげられます。
最終的にはライブ配信が視聴者の生活の一部になれるよう意識して、継続的に配信を行うことが大切です。

適切な企画やテーマを考える

リスナー層を把握し、どのようなことを望んでいるのか汲み取った上で企画やテーマを考えるようにするのもポイントです。

配信中にリスナーへ質問を投げかけ、どのような企画やテーマを求めているのか聞いてみてください。
ただし、ライブ配信中のコメントで細かなニーズまで拾うのは難しいため、SNSでもフォロワーの要望を聞くと良いでしょう。

例えば、リスナーが応援したくなるチャレンジ企画や、リスナーからの質問に答える一問一答企画など、ライブ配信が盛り上がるイベントは多種多様です。リスナーのニーズを汲みながらいろいろなイベントを試し、鉄板ネタを見つけてみてください。

ライブ配信の最新情報を得るなら事務所所属がオススメ

ライブ配信の最新情報を常に獲得するには、事務所所属のライバーとして活動するのも一つの方法です。

事務所所属のライバーとして活動をする主なメリットは以下の4つ。

メリット
・配信外のマネジメントをしてもらえる
・ライブ配信以外の仕事を紹介してもらえる可能性がある
・人気が出るためのノウハウを教えてもらえる
・最新情報や機能説明がすぐに取得できる。

これらのサポートを受けられるというのは、事務所ライバーならではの特権といえるでしょう。

また、事務所所属の場合はダイヤを自分で換金するのではなく、事務所が処理して振り込んでくれますので、有効期限などを気にする必要もありません。

さらにONECARATは税金回りも提携先の会計事務所に相談できるサービスも用意されています。

他にも、フリーライバーと比較すると事務所で受けられるメリットの方が多くなることが大半です。

 
 

アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング

  • すべて

  • Pococha

  • 17LIVE

  • BIGO LIVE

  • TikTokLIVE

  • イベント

  • インタビュー

公式マネージャー募集

30秒で診断!ライバー給与診断!

30秒で診断!アプリ診断!

おすすめイベント