【2023年最新版】ライバーとはどんな職業なのか徹底解説!YouTuberとの違いもご紹介

最近、「Youtuber」と似たような言葉として「ライバー」という言葉をよく聞く方も多いのではないでしょうか。

「ライバーって何?Youtuberとは違うの?」
「ライバーはどんなことをするの?」

と気になっているあなたへ、この記事では

・ライバーの活動内容
・ライバーとYouTuberの違いとは
・ライバーのメリット
・おすすめのライブ配信アプリ

を解説します。

混同しがちなライバーとYouTuberの活動内容を比較しながら、ライバーの魅力を解説します。

最後に無料でできるおすすめのライブ配信アプリも掲載しているので、興味があれば是非試してみて下さいね!

ライバーの活動内容

ライバーは、ライブ配信アプリを利用して色々な内容をリアルタイムで配信します。

主に顔出し・雑談配信が人気のジャンルですが、利用規約に違反しなければ自由なスタイルでライブ配信を行うことが可能です。

カラオケ配信、お散歩配信、料理配信、アプリの機能を使った企画など、本当に多彩な配信があります。

というのも、ライバーは基本的にスマホ1つ・自分ひとりで配信してる方が多く、気軽に色々なことができるからです。

スマホを使って、いつでもどこでも、ライブ配信を行い視聴者を楽しませているのがライバーという訳です。

ライバーとYouTuberの違いとは

似た活動として上げられるYouTuberとの一番の違いは、リアルタイムでファンとコミュニケーションを楽しむことができるということです。

ライバーは、配信に遊びに来てくれたリスナーからもらったコメントやアイテムに、その場ですぐにリアクションをとることができます。

さらに、ライブ配信中にファンがプレゼントしてくれた課金アイテムは、購入金額の数%がライバーの報酬として反映されます。

一方、YouTuberは動画投稿を通してコメント欄でファンと交流を楽しむのが一般的です。

YouTuberも、”生配信”という形でファンとコミュニケーションをとることができますが、全てのYouTuberが収益化できるわけではありません。

動画を投稿しているYouTubeチャンネルの登録者数や視聴時間など、厳しい条件をクリアすることでファンから投げ銭をプレゼントしてもらうことができます。

ライバーと異なり、投げ銭以外にも収益を得る方法は豊富ですが、まずは高いハードルを乗り越えることが条件です。

YouTuberと比較するとライバーはライブ配信を始めれば誰でもすぐに収益化できるので、気軽に始めやすいでしょう。

ライバーのメリット

ライバーになって稼ぐメリットはさまざまです。

ここからは、誰でも稼ぐことができるライバーのメリットや魅力を、YouTuberと比較しながら紹介します。

ライバーは、「お小遣い稼ぎがしたい」「副業を始めたい」と考えているあなたに、始めやすい活動であること間違いなしです!

メリットを押さえて、ぜひその一歩を踏み出してください。

専門技術がいらない

ライバーは難しい技術を身に付けなくても、誰でもすぐに始めることができます。

友人と話す感覚で、ライブ配信中にリスナーから届いたコメントにリアクションをしたり、あなたの好きな趣味を披露したりするだけです。

リアルタイムをリスナーと一緒に過ごすので、「楽しい」と感じてもらえるような雰囲気を作ることを心がければOK!

多少のトーク力はあると配信をスムーズに盛り上げることができますが、配信回数を増やしながら上達していくので、まずは返事をすることから始めましょう。

YouTuberのように、動画にテロップや効果音を入れて編集する専門的な技術は、ライバーに必要ありませんよ。

スマホ1つで活動ができる

ライバーはスマホさえあれば、すぐに活動を始めることができます。

ライブ配信アプリをインストールしてアカウントを作れば、配信準備は完了です。

基本的にスマホだけで活動できますが、スマホスタンドや照明などのアイテムはお手頃な価格のものが多いので、揃えると配信のクオリティもアップしますよ。

ほとんどの場合、YouTuberは編集用の高性能なパソコンを用意しなければいけないので、持っていない方には始めにくいかもしれません。

すぐに稼げる

ライバーとYouTuberの違いでも解説した通り、ライバーは誰でも、配信中にリスナーから使用してもらった投げ銭が報酬になります。

難しい条件をクリアすることなく、誰でも収益化することが可能です。

投げ銭を多く獲得するためには、長時間配信したり1日に何回も活動したりすることで、効率よく稼ぐことができますよ。

おすすめのライブ配信アプリ3選

「ライブ配信アプリの種類が多くて選べない」というあなたに、ここからはおすすめのライブ配信アプリを紹介します。

アプリごとにそれぞれ特徴があるので、あなたに合うプラットフォームが見つかるでしょう。

あなたの興味が沸いたライブ配信アプリを早速インストールしてみてください!

Pocpcha(ポコチャ)

ライブ配信アプリ「ポコチャ」は、アットホームな雰囲気をリスナーたちと共有することができます。

初心者ライバーに親切なユーザーが多く、困ったときはコメントですぐにアドバイスをくれるような距離感が魅力的です。

誰でも始めやすく、稼ぎやすさも従来のプラットフォームに比べて特徴があります。

ポコチャの報酬システムは、ライブ配信中に獲得した投げ銭が全てではありません。”時給”に近い仕組みです。

ライブ配信を行った時間によって、最大4時間までの報酬が発生します。

報酬の内訳は、「時間ダイヤ」と呼ばれる配信時間による報酬の他に、ライブ配信中の盛り上がり度合いによる「盛り上がりダイヤ」が加わったものです。

リスナーから使用してもらった課金アイテムはもちろん、コメント数や視聴時間など、ポコチャ独自が算出した盛り上がり具合がダイヤとしてライバーに配布されます。

時間ダイヤはライバーのランクによって増減するので、稼ぎたい方は高いランクを目指しましょう。

17LIVE(ワンセブンライブ)

ライブ配信アプリ「ワンセブンライブ」は、一獲千金を狙って大金を稼ぎたい方におすすめのプラットフォームです。

ギフターが多く、人気が出れば他のプラットフォームを利用するより最も稼げるようになることができるのが魅力といえます。

例えば、一夜で数百万円ほど稼いだといわれているトップライバー・進撃のノアさんは、イチナナで活動していました。そこで得た資金を全て大阪府に寄付したことも大きな話題になりました!

TOPライバー”進撃のノア🐨❤️🐨”が17 Liveで得た収益を『大阪府新型コロナウイルス助け合い基金』に全額寄付を表明

プロ志向のライバーが多く活躍していて、将来的に芸能活動を行いたいと考えている方などに向いています。

投げ銭を獲得するほどライバーの報酬もアップするので、トップライバーの配信を観察して、ギフターに応援してもらえるような配信を心がけると良いですよ。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

世界中にユーザーがいるライブ配信アプリ「ビゴライブ」では、グローバルなコミュニケーションをリスナーと楽しめるのが魅力です。

アジア圏を中心に、シンガポールや台湾などさまざまな海外ユーザーがビゴライブで活躍しています。

チップ文化が盛んな海外では、投げ銭をプレゼントしてくれるギフターも多いです。

日本人ライバーはビゴライブで人気が出やすいので、「英語が話せる」という方は早い段階で稼げるようになるでしょう。

また、ビゴライブと提携しているライバー事務所に所属すると、「公式ライバー」と呼ばれるライバーになります。

公式ライバー限定のイベントにエントリーすることができるだけでなく、報酬システムも大きく変わります。

フリーライバーはエントリーできるイベントは少なく、配信中に獲得した投げ銭(ビーンズ)のみが報酬に反映されるシステムに対し、公式ライバーの報酬システムは選択制です。

投げ銭のみを還元した報酬か、時給+投げ銭の一部を報酬として受け取るのか、どちらかを選ぶことができます。

ビゴライブで稼ぎたい方は、ライバー事務所に応募することも検討しましょう。

ライバーを始めてみましょう!

ライバーとYouTuberの違いや、おすすめのライブ配信アプリなどを紹介しました。

YouTubeは動画編集の技術や、チャンネル登録者数などの条件をクリアしなければ収益化ができないので趣味として始めるのがおすすめです。

一方でライバーは趣味と始めていっても収益化ができますし、副業として稼ぐことも可能です。

ライバーは誰にでもすぐに始められる稼ぎ方なので、あなたの性格や配信スタイルに合うアプリをインストールして配信してみましょう。

リスナーとコミュニケーションを楽しむだけで、お小遣い稼ぎができますよ。


アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング

  • すべて

  • Pococha

  • 17LIVE

  • BIGO LIVE

  • TikTokLIVE

  • イベント

  • インタビュー

日本最大級ライバー事務所

30秒で診断!ライバー給与診断!

30秒で診断!アプリ診断!

おすすめイベント