【2023年最新版】ライブ配信で成功するための『目標』の設定方法徹底解説

ライブ配信を行う上での
目標設定の必要性

目標設定をすることで、今何をすべきなのか、そして今後どのような行動をしていくべきかが明確になってきます。

小さな目標から順番にクリアして達成感を味わうことで、自信も生まれ、モチベーションも保たれます

定性的目標と定量的目標に分けて考えよう

自分自身が「どうありたいか」「それに向かって何をすべきか」をしっかりと把握し目標設定をすることが大切です。
目標達成までにとるべき行動を明確にするためには、まずは定性的目標定量的目標に分けて考えると良いです。
定性的目標定量的目標の違いはなんなのでしょうか?こちらでそれぞれの意味を解説していきます。

定性的目標


定性性目標とは、「どうありたいのか」「目指すべき理想像、理想の状況」といった数字で表すことのできない目標のことです。
例えばライブ配信に関しての目標に置き換えると、「こんなライバーになりたい」など理想像などの目標です
現在の状態からどう変わりたいのか、自分の理想の姿を考え言語化することから始めましょう。

定量的目標


定量的目標とは、理想像を叶えるために必要な数字目標のことです。
具体的に数値化された目標のため、目標達成まであとどれくらいなのか、目標達成できたのかできていないのかなど、誰が見ても明確にわかる目標です。
ライバーの定量的目標の例として、
「〇ヶ月間の間毎日〇時間ライブ配信をする」
「〇月までにフォロワーを〇人に増やす」
など具体的に数値化することで、客観的に進捗状況を把握しながら目標達成に向けて行動することができます。
「定性的目標」「定量的目標」それぞれの目標の違いを理解し、曖昧でなく具体的な目標を定め、進捗状況を確認、問題点の改善をしながら目標に向かって行動していきましょう。

目標は「短期・中期・長期」に分けて考えよう

『目標を立てたものの、なかなか達成まで至らない』『目標設定をしたのに達成に近づけない』など立ち止まってしまった時は、
目標を「長期・中期・短期」という3つのスパンに分けて考えてみましょう。

短期目標

短期目標とは、1ヶ月程度で達成したい目標のことを指します。
最終的な目標を目指すにあたって、とりあえず目の前にある問題をクリアしていくイメージです。
「これなら自分にもクリアできそう」と思えるような、定められた期間内に達成できる内容を設定することがポイントです。
小さな積み重ねでも、3日、1週間、1ヶ月と続けて目標達成することで、その後取り組む中期・長期の目標もより明確になってきます。
例えば「毎日必ず配信ライブを行う」「毎日SNSやタイムラインを更新する」といった目標です。

中期目標


中期目標とは、3ヶ月から半年程で達成したい目標のことを指します。
最終的な目標である長期目標へかなり影響のある目標ステップとなります。
短期目標に比べ、少し難易度を上げることがポイントになります。
長期目標が『ライブ配信者で有名になる』という設定の場合、中期目標では「来月のイベントで10位以内に入賞をする!」というように長期目標に向けたより具体的な目標にしていきましょう。

長期目標


長期目標とは、1年程で達成したい目標のことを指します。
リスナーや他のライバーなどに『目標は?』と聞かれた際にこれを答えることが多いかと思います。
漠然とした目標ではなく、期限や数字をはっきりと具体的に決めることで到達しやすくなる目標を設定します。
コツコツと一歩ずつ、段階的に進んでいくことも大切です。
そして1年後の理想の自分をイメージして目標設定をしましょう。

作成ポイント

まずは1年後に向けた長期目標から作成していきましょう。
その目標を達成するためには『3ヶ月後』『6ヶ月後』『9ヶ月後』にどうなっていたいか、またどうなっていないといけないのか、ということを考えながら中期目標を作成します。
そして3ヶ月ごとに中期目標達成のための行動指針や月ごとの短期目標を作成しましょう。

ライブ配信で稼ぐなら事務所所属も一つの方法

ライブ配信で稼ぐのであれば、事務所所属のライバーとして活動するのも一つの方法です。

事務所所属のライバーとして活動をする主なメリットは以下の3つ。

▼メリット
配信外のマネジメントをしてもらえる
・ライブ配信以外の仕事を紹介してもらえる可能性がある
・人気が出るためのノウハウを教えてもらえる
これらのサポートを受けられるというのは、事務所ライバーならではの特権といえるでしょう。

また、事務所所属の場合はダイヤを自分で換金するのではなく、事務所が処理して振り込んでくれますので、有効期限などを気にする必要もありません。

例えば配信アプリのPocochaでの活動の場合には、還元率が100%である事務所も多く存在しており、ONECARAT(ワンカラット)はその代表例の一つです。

さらにONECARATは税金回りも提携先の会計事務所に相談できるサービスも用意されています。

他にも、フリーライバーと比較すると事務所で受けられるメリットの方が多くなることが大半です。

ライブ配信で稼ぐなら是非事務所への所属も検討してみてください。


アクセスランキングアクセスランキングアクセスランキング

  • すべて

  • Pococha

  • 17LIVE

  • BIGO LIVE

  • TikTokLIVE

  • イベント

  • インタビュー

日本最大級ライバー事務所

30秒で診断!ライバー給与診断!

30秒で診断!アプリ診断!

おすすめイベント